メニュー

<重要>インフルエンザ等鼻腔・咽頭拭い液迅速検査中止についてのお知らせ

新型コロナウイルスの医師への感染を防ぐためとして、日本医師会は3月11日、全国の医師会に対し、マスク・フェイスシールド・ガウン・手袋で防護ができない場合、インフルエンザ等の鼻腔・咽頭拭い液迅速診断のための検査を行わないことの検討を求める通知を出しました。

 新型コロナウイルスに感染した患者にインフルエンザの検査をした医師が、新型コロナウイルスに感染した事例が北海道で判明。インフルエンザの検査で患者から飛沫(ひまつ)が生じて医師が感染する可能性が考えられるとして、検査はせずに、症状などからインフルエンザと診断することも求めています。

この通知を受けて、当院には防護服が無いため、当分の間、インフルエンザ、溶連菌、マイコプラズマなどの「綿棒で鼻咽頭を擦過する」検査を取りやめ、臨床診断で対応させていただきます。どうしても迅速検査を希望される方は、検査可能な医療機関へお問い合わせの上受診してください。

受診された他の方、スタッフへの感染予防のため、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME